Welcome to lpy


プロジェクトlpy
lpyはLinuxなどUNIX上のGUIベースの印刷ツール。

プリンタやデジタル複合機は小型化、高機能、多機能が進んでいる
さらに低価格化で身近なものになって来ている。
しかしLinuxなどのUNIX環境では印刷出来ても多くの便利な機能
(両面印刷、部数指定、ステープル、表紙別紙挿入、出力ビン指定など)が
ほとんど使えない状況にある。

lpyはLinuxなどのUNIX環境でプリンタの便利な機能を使える様にする事を
目的にするプロジェクトである。
またメーカーの独自コマンドをオブジェクトとして管理する事で複数メーカーの
プリンタを同一メニューでコントロールする汎用のプリントツールである

スプーラのフィルタ機能を使用せず、ユーザー空間のアプリケーションソフト
としてPS変換(GNU a2ps)、GS(Ghostscript)によるPDL変換、PJL添付などを
行う新しいタイプの印刷ツールである。
ユーザーは自由にフォントサイズ指定、Nup印刷、フィニシャーの利用などが
GUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェース)で簡単に行える。
機能
  1. ユーザー空間のアプリケーションソフト(スプーラに依存しない)
  2. スプーラのフィルタ機能は利用しない
  3. テキストデータはGNU a2psでPSデータに変換する
  4. 文字の大きさ指定やNup印刷など
  5. GS(Ghostscript)のフィルタでプリンタのPDLデータに変換する
  6. PSプリンタ以外でGSのフィルタが対応していない場合には使用出来ない
    最新プリンタのPDLにはGSのフィルタが対応していないものが多い
  7. SNMPを使用してネットワークプリンタの状態を知る
  8. プリンタ機能、エラー情報取得(用紙切れやトナーの残量表示など)
  9. オブジェクト指向言語のPythonで開発
  10. GUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェース)にはPyGTKを使用する
    現在日本語、英語対応(poファイルの追加で多言語にも対応)
  11. PJLをサポートするプリンタではPJLデータを添付する
  12. メーカーの機種毎にサポートする機能を設定する
    現在ヒューレット・パッカード社の一部機能のみサポートしている
  13. LinuxやFreeBSDなどのBSD印刷システム及びSolarisやHP-UXなどでも使用出来る
  14. lprコマンド及びSystemVのlpコマンドのパラメータが同一機能で使用出来る
    メニュー及びコマンドラインで使用出来る
ニュース 必要な(使用する)プログラム
  1. Python 2.2又はより新しいバージョン
  2. 日本語を使用するにはパッチが必要。
  3. PyGTK and GTK
  4. グラフィカル・ユーザー・インターフェース(GUI)にPyGTKを使用する。
    PyGTKはバージョン2.0以上を推奨する。
  5. file
  6. ファイルの種類を識別する
  7. GNU a2ps
  8. 日本語(euc-jp)を使用するにはパッチが必要。
    日本語(euc-jp)変換にはnkfを使用する。
  9. Ghostscript
  10. ポストスクリプト・ファイルをPDLデータに変換するのに使用する。
  11. Psutils
  12. ポストスクリプト・ファイルの変更(Nupなど)に使用する
  13. convert(ImageMagick)
  14. 画像ファイルのポストスクリプト変換に使用する
  15. その他
  16. LaTeXファイルの変換には texi2dvi,texi2dvi4a2ps,dvips
    nroffファイルの変換には grog,groff
    などを使用する。
RedHat9やFedora Core1,2,3などのLinuxパッケージではこれらの使用するプログラムは
全て日本語環境のものが標準でインストールされるので特別にインストールする必要はない。
ライセンス
利用許諾契約書としてGNU GPL(GENERAL PUBLIC LICENSE)バージョン2の
各条項を採用する。
但し  法律上の問題が発生した場合には日本国法に準拠するものとし
大阪地方裁判所を専属管轄裁判所とする。
Unix印刷システム
  1. Unix印刷システム
  2. Unix印刷システム

  3. lpy
  4. lpyシステム

  5. データ変換の流れ

  6. データ変換の流れ

SourceForge.jp